« カンタス航空QF156便 オークランド国際空港チェックイン&カンタスラウンジ(2018.7.28) | トップページ | クック諸島旅行記おまけ…Rydges Melbourne Hotel »

2020/02/12

カンタス航空QF156便 オークランド→メルボルン エコノミークラス搭乗記(2018.7.28)

長かったクック諸島への旅行も、残すところオークランド→メルボルンのフライトを残すのみとなりました。最後のフライトは、JALのマイルで発券した特典航空券でのフライトです。
Dscn1816

オークランド空港国際線15番ゲートにやってきました。増築された部分で開放的なビルなのですが、ラウンジからはかなり歩きます。
Dscn1817


待っているお客さんが少ないですねー。シートも新しいシートで、ところどころに充電用のコンセントが設置してあります。マルチコンセントではないので、オセアニア用のアダプターは必要です。
Dscn1819


搭乗時刻になったので搭乗します。
Dscn1822


もちろん、優先搭乗で。
Dscn1821


B737-800なので、3-3のアブレスト。シートはエコノミークラス最前列で、妻が4B、私が4C。窓側の4Aをブロックした形でリザーブしておいたのですが、搭乗するお客さんが少ないこともあり、4Aのブロックに成功。ドアクローズ後、私が4A、妻が4Cに座ります。
Dscn1824


JAL国内線の普通席最前列同様、足元が広く快適です。JAL同様、OWエメラルドクラスでないと座席指定できないようです。
Dscn1825


定刻18:00を少し遅れてドアクローズ。Good byeオークランド。
Img_1083


離陸してシートベルト着用サインが消えると、機内サービス開始。まずはワインをいただきます。お客さんが少ないこともあり、クルーにも余裕が。CAさん、随分と丁寧な接客で好感が持てました(いつもこうだといいのですが…)
Dscn1827


食事はラムとチキンの選択。こちらは私が選んだラム。マッシュポテトが添えられています。味は、まあまあ。ラムがダメな方は遠慮した方がいいです。
Dscn1828


こちらは妻が選んだチキン。御飯入りは日本人にとってGood Point。味はやっぱりまあまあってところでしょうか。ご飯の味は当然日系航空会社の勝ち。
Dscn1829


食後のデザートにアイスクリーム。これが海外スイーツの定番で甘くてねぇ…。アーモンドクランチ入りってところが気に入って結局食べちゃいましたが…。
Dscn1830


こちらは機窓の風景。南向きだったので、サンセットのグラデーション見られず(南半球なので北になります)。でも徐々に暗くなっていく空と雲のコラボを楽しむことができました。
Img_1093


その後、居眠りをしていたらあっという間にメルボルン。19:35メルボルン着。こうして楽しかった7泊8日のクック諸島への旅が終わりを告げました。
Dscn1833


■Flight Data

 ・Airline: Qantas Airways
 ・Flight: QF156
 ・Aircraft: B737-800, Age/ 3 years
 ・Depature: Auckland (AKL)
 ・Destination: Melbourne (MEL)
 ・Cabin: Economy Class
 ・Mileage: TPM 1,648mile (award)
 ・FOP: Nil


↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して応援、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

 

|

« カンタス航空QF156便 オークランド国際空港チェックイン&カンタスラウンジ(2018.7.28) | トップページ | クック諸島旅行記おまけ…Rydges Melbourne Hotel »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンタス航空QF156便 オークランド国際空港チェックイン&カンタスラウンジ(2018.7.28) | トップページ | クック諸島旅行記おまけ…Rydges Melbourne Hotel »