« オーストラリアからの帰国・5 荷出し | トップページ | メルボルン最後の晩餐 »

2018/11/13

Vibe Savoy Hotel Melbourne(バイブ サボイ ホテル メルボルン)

2018年10月末、引っ越し荷物を出した後、いよいよ日本に向けて帰国します。荷出しの翌日はメルボルンの「Vibe Savoy Hotel Melbourne(バイブ サボイ ホテル メルボルン)に宿泊。なんと当日コンプリメンタリーで2ランクアップ、ロフト&キッチンがついた「The Rechardson Loft」にアップグレードとなりました。
Dscn2527_2304x1728


■ロケーション


宿泊した「Vibe Savoy Hotel Melbourne」は、メルボルン最大の駅「サザンクロス駅」の目の前という絶好のロケーションにあります。サザンクロス駅からは空港までのSky Busも出てるのでとても便利。素晴らしいロケーションの割には値段はリーズナブルです。



■Rechardson Loft Room

ホテルまでは会社の同僚に送っていただきました。ホテルは歴史を感じさせるレトロな建物ですが、内部はモダンに改装済み。
Dscn2525_2304x1728


15時過ぎにチェックイン。
Dscn2524_2304x1728


フロントで、「本日はコンプリメンタリーでアップグレードいたしました」と言われたので、てっきり予約していたクイーンルームからキングルームにアップグレードされたと思っていたら、更に上のキッチンつきのロフトの部屋へアップグレードとのこと。これにはびっくりでした。「今日はラッキーね!」。はい確かに。

フロアは2階。扉を開けると、広いリビング。角部屋で窓も高く開放感抜群です。
Dscn2505_2304x1728


窓からは表通りを見ることができます。窓の外側が汚れていたのがちょっと残念。
Dscn2522_2304x1728


TVモニターでは名前入りでウェルカムメッセージ。
Dscn2508_2304x1728


リビングの隣にあるキッチン。
Dscn2503_2304x1728


冷蔵庫、オーブンからカトラリー類まで、一そろいのものがそろっていて、長期滞在も可能。
Dscn2504_2304x1728


キッチンの端に、洗濯機と乾燥機もあり。
Dscn2506_2304x1728


洗面所。
Dscn2518_2304x1728


シャワールーム&トイレ。とてもクリーンで好印象。
Dscn2517_2304x1728


ベッドのあるロフトへと上がってみます。
Dscn2510_1728x2304_2


キングサイズのベッド。扉があるので、隣の部屋とつなげて使うこともできるようですね。
Dscn2515_2304x1728


ロフトにもテレビ。同じように名前入りのウェルカムメッセージ。
Dscn2516_2304x1728


隣にはウォークインクローゼット。バスローブ、スリッパ、アイロンなどなど。ここまで何でもある素晴らしい部屋だと、1泊しかしないのは、なんだかもったいない気分になってきます。
Dscn2520_2304x1728


■朝食

朝食は同じ2階のレストランにて。同一階の移動というのがストレスがなくてとてもいいです。
Dscn2565_2304x1728


バイキング方式のイングリッシュブレックファースト。
Dscn2566_2304x1728

Dscn2567_2304x1728


イングリッシュブレックファーストはどこも一緒なので、これといった特徴もなし。
Dscn2572_2304x1728


このパンは美味しかったですね。
Dscn2574_2304x1728


ジュース類。
Dscn2570_2304x1728


エスプレッソコーヒーだけ別料金、という宿が多い中、マシーンで淹れるコーヒーとはいえ、無料なのはGoodです。
Dscn2576_2304x1728


出発の日の朝、食べ過ぎない程度に軽くいただきました。
Dscn2575_2304x1728


立地とともに、スタッフの対応がとても良いホテルで、メルボルンCBDに泊るならおススメの宿です。

今回は、誰かが、メルボルン最後の夜だということをホテルに話してくれたのか?と思うほど、とても素晴らしい部屋でゆったりと過ごすことができ、いい思い出になりました。


↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して応援、お願いします。


|

« オーストラリアからの帰国・5 荷出し | トップページ | メルボルン最後の晩餐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストラリアからの帰国・5 荷出し | トップページ | メルボルン最後の晩餐 »