« グトルフォス(Gullfoss) | トップページ | シンクヴェトリル国立公園…地球の割れ目 »

2018/06/28

ゲイシール(Geysir)

2018年4月4日 アイスランド・ゴールデンサークルの観光2か所目は、アイスランド最大の間欠泉である「ゲイシール(Geysir)」を訪れます。

日本にも間欠泉はありますが、数も少なく、小規模。それと比べると、ここの間欠泉は比べ物にならないくらいダイナミックでした。
Img_4299_1824x1216

ゲイシールはグトルフォスに行く途中にあります。この日は先にグトルフォスに行ってから戻ってきました。所要時間車で10分ほど。



ビジターセンターの隣に無料の駐車場があるので、そこに車を停めてアクセス。入場無料ですが、ここでもすべて「自己責任」です。
Img_4325_1824x1216


場内の地図&間欠泉の説明。ここで間欠泉の位置を確認。
Img_4324_1824x1216


奥へ続く道を行きます。間欠泉ありそうっていう雰囲気(笑)
Img_4241_1824x1216


流れている水からも湯気が出て…温泉入りたくなります。
Img_4239_1824x1216_2


途中で見つけた「間欠泉」の子ども。ボコッボコッと定期的に小さく吹きあがります。
Img_4253_1824x1216


「ストロックル」間欠泉。間欠泉には1つ1つ名前が付いています。この園内で5~10分おきに噴き出している間欠泉はこのストロックル間欠泉だけです。
Img_4255_1824x1216


ちょうど噴き出た直後のようです。噴き出た後はこうして蒸気が風下側に思いっきり流れるので、風上に立って見るのがMUST。
Img_4261_1824x1216


遠目にカメラをセットして、噴き出す瞬間を待ち、連射で噴き出す瞬間を捉えます。高さは15~20mくらい。その勢いに圧倒され、歓声が上がります。
Geysir_2


ストロックル間欠泉の奥にあるのがこの土地を有名にした「ゲイシール」間欠泉。
Img_4305_1824x1216


かつては活発に活動していた間欠泉ですが、現在は1日に数回しか噴出しません。噴出すると最大60mの高さにまで吹き上がるのだとか。1日ジーっと待っていないと見ることができないので、訪れた時に見ることができたらかなりラッキー。
Img_4315_1824x1216


少しその場にいましたが、残念ながら見ることはできず。元来た道を戻り、ビジターセンターを訪れます。
Img_4326_1824x1216


軽食を食べることもできます。値段表があったのですが…観光地価格と分かっていてもやっぱり高いです!
Img_5611_2016x1512

Img_5612_2016x1512


奥には一般的なおみやげ物のほか、アイスランディックウールを使った製品など。ウール製品が結構充実していました。
Img_5616_2016x1512


お値段は…アイスランド価格です!
Img_5614_2016x1512


世界の間欠泉10選にもよく選ばれる「ゲイシール」「ストロックル」両間欠泉。ゲイシールの豪快な噴出を見ることができればラッキーですが、晴天のもと、見たこともない規模のストロックル間欠泉を見ることができただけでも十分満足できました。


↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して応援、お願いします。


|

« グトルフォス(Gullfoss) | トップページ | シンクヴェトリル国立公園…地球の割れ目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グトルフォス(Gullfoss) | トップページ | シンクヴェトリル国立公園…地球の割れ目 »