« メルボルン国際空港 JAL指定ラウンジ「Marhabaラウンジ」(2017.10.6) | トップページ | フィンエアーAY72便 成田→ヘルシンキ A350-900ビジネスクラス搭乗記(2017.10.7) »

2017/10/17

JL774便 メルボルン→成田 ビジネスクラス(SKY SUITE・SS8)搭乗記 (2017.10.7)

2017年10月7日 ヨーロッパへの出張ということで、メルボルン~成田~ヘルシンキ~マンチェスターへ27時間の長旅です。まずはJAL774便にてメルボルンから成田まで飛びます。
Img_3302


■搭乗


本年9月2日に就航したメルボルン→成田線。このときはまだ冬時間だったため、0:05の出発でしたが、10月1日よりサマータイムになったため、30分遅い0:35の出発になりました。

搭乗開始時刻は0:15。0:00すぎにラウンジを出て搭乗口へ行ったのですが、ダイヤモンド・プレミアの優先搭乗にすでに列ができていました。金曜日、仕事を終えて日本に帰国するビジネスマンが多いせいでしょうか。
Img_3318


優先搭乗で搭乗します。機体番号JA839J、本日の席は3H、機内前方ファーストキャビンの最後列通路側。本当は窓側を指定したかったのですが、久しぶりに通路側に乗ってみて、夜行便は通路側もいいかも?と思ったりしました。このことは後ほど。
Img_3319


出発前のCAさんのアナウンス。アメニティポーチとメニューがモニター前に置いてありました。アメニティはゼロハリバートンとのコラボ、ゴールドのハードケースです。中身はいつも同じだったので割愛します。
Img_3320


■お休みまえに

定時で出発。離陸後、シートベルトサインが消えて、お休みまえの軽い食事と飲み物のサービス開始。まずはメニューをチェックします。
Img_3325

Img_3323


◇お休みまえに

  • 若布、胡瓜、蛸の酢の物
  • 中華クラゲ とびこ添え
  • チキンとビーフ 焼き鳥風串焼き
  • サントリー白州

先月搭乗した初便では、チキンとビーフのサテでしたが、これが焼き鳥風串焼きに変わりました。私も焼き鳥風のほうが好みです。
Img_3327


その他、アラカルト類。朝食として、「スモークサーモンとクリームチーズのサンド」「フレッシュフルーツ」の取り置きをお願いしました。アラカルト類は数に限りがあるので、後で食べると決めているものは事前に取り置きをお願いしておくといいと思います。
Img_3324


■機内エンターテイメント

一杯いただきながらエンターテイメントをチェック。「ゴルゴ13×外務省」が気になってスタート。
Img_3329


海外渡航者向けの安全啓発漫画、といったところなのですが、ページめくりが自動で自分のペースで読めないのが×。中身はなかなか面白いのですが…
Img_3328


ジェットストリームを聞きながら、ゴルゴ13ってのは果たして…(笑)
Img_3330


酔いが回り、眠くなってきたので漫画を途中で切り上げ、エアウィーブを敷いて就寝。エアウィーブの使用率、この便ではかなり高かったです。
Img_3333


■朝食

日本時間の午前4時半頃起床。5時間弱爆睡(酔)。取り置きをお願いしておいたアラカルトをいただきます。和洋の朝食メニューがあるのですが、この先成田で乗り継いだ後も食べることを考えると私には多すぎるのでパスです。
Img_3337


朝7時のニュースを見ながら朝食…1日遅れのニュースですがいいものです。久しぶりに見る日本語のニュースでしたが、話題といい、スタジオセットといい、NHKの民放化が進んでいる感じがしました。
Img_3338


コーヒーをいただいて朝食終了。
Img_3340


■旅の手帳

最近知った、B787にある旅の手帳。
Img_3341


できるだけ何かメッセージを残しておくようにしています。こういう企画に対して、好き嫌いはあると思いますが、私はこういったコミュニケーションに参加するのは好きなクチです。
Img_3343


担当CAのTさんから飲み物でもいかがですかと、コーヒーをサーヴしていただきました。このTさん、搭乗したときから気配りが素晴らしく、ファーストクラスに乗っているのでは?と錯覚するほど「ツボ」を抑えた自然な接客に非常に満足でした。
Img_3344


■到着

8:30、成田空港RWY16Rに着陸。到着ゲートが62番だったため、着陸後のタキシングが長い長い…。ゲートに着いたのは8:45を過ぎていました。
Img_3347


■SS8/9 通路側なら「C」or「H」席


B787のSKY SUITE SS8 and SS9。通路側を選ぶなら、窓側席の隣のC席もしくはH席が使いやすいかと。この席にはサイドに小物入れがあり、とても重宝します。
Img_3346


SS8/9では、中央の2席にはこのタイプの物入れがありません(その分、モニター前のテーブルが広くなっています)。窓側は、席後方に物入れがあります。一方、SS7では、すべての通路側席にこのような物入れがあります。

どの席がいいか、好みはひとそれぞれかと思いますが、深夜便で寝るだけ、と割り切るならサイドの小物入れがついたC or H席でもいいのかなぁと。一方で朝日の写真はあきらめなければなりませんが、これも時間次第なので、状況を見ながら通路側席も上手に選んでいくのがいいな、と感じました。

素晴らしい接客を受けて大満足のフライトに後ろ髪を引かれながら、FINNAIRに乗り換えるため、サテライトへ急ぎます。次はヘルシンキまで、待望のA350に搭乗。そこにはまた、素晴らしいサービスが待っていました。
Img_3350
(成田空港にて搭乗機JA839J)


↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して、応援お願いします。



|

« メルボルン国際空港 JAL指定ラウンジ「Marhabaラウンジ」(2017.10.6) | トップページ | フィンエアーAY72便 成田→ヘルシンキ A350-900ビジネスクラス搭乗記(2017.10.7) »

コメント

ぱぴるすさん
こんにちは~。
お好きな時にの「サーモンサンドイッチ」のお味はいかがでしたか?

私はラウンジで同じようなテイストのクレープを頂いたので、深夜ながらも「ローストビーフ丼」を行っちゃいました!

モントレーのピノノワールと一緒に。

どちらもめっちゃくちゃ美味しくてビックリしました。

ピノノワールは若干ローストビーフにはライトなテイストだったものの、深夜だった為、丁度良かったかも。

勿論、その後の朝食を頂いたことは言うまでもなく(笑)。

私も今回は通路側でしたが、旦那さんの窓側シートに比べ、収納があり便利でした。

ただ、たまたまですが、斜め前の中央席の方が、
ずっとマージャンゲームをやっていたので、
ゲーム内容が気になり、なかなか眠れませんでした(笑)。

投稿: ginger | 2017/10/17 11:03

gingerさん

サーモンサンド、美味しかったのですが、サーモン入ってるーという感覚はあまりなかったです。
フィッシュサンド食べてます〜〜って感じでしょうか。

ローストビーフ丼行っちゃいましたか。
いや〜、さすがに深夜に丼ぶり、更に朝ごはんは無理でした。
このあとのフィンエアーに力入ってたので(笑)

記事にも書きましたが、通路側案外よかったです。
小物入れを取るか、個室感を取るかってとこでしょうか。フライトスケジュールによってうまく使い分けたいですね。

マージャンゲーム、気になっちゃいましたか。ご自分ではプレイされなかったのですか?

投稿: ぱぴるす | 2017/10/17 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メルボルン国際空港 JAL指定ラウンジ「Marhabaラウンジ」(2017.10.6) | トップページ | フィンエアーAY72便 成田→ヘルシンキ A350-900ビジネスクラス搭乗記(2017.10.7) »