« カンタス航空QF35便 メルボルン→シンガポール ビジネスクラス(ビジネススイート)搭乗記(2017.8.19) | トップページ | シンガポールチャンギ国際空港 「ブリティッシュエアウェイズラウンジ」 »

2017/09/25

シンガポールチャンギ国際空港JAL指定ラウンジ 「dnata Lounge」

2017年8月19日 メルボルンからのQF35便を降りた後は、羽田行きのJL36便までは3時間の待ち合わせ。この時間を利用して、7月27日より新しくJALの指定ラウンジとなったT1にある「dnataラウンジ」を訪れてみました。

(2019年6月29-30日訪問時のレポはこちらをご覧ください)

特製の?チキンカレーはあったのですが、私としてはちょっとがっかり、という結果でした。
Img_2976_2016x1512_3

場所はターミナル1(T1)の3階、Dゲート寄り。これまでの指定ラウンジだった「SATS Premier Club Lounge」はCゲート寄りでしたので、アクセスするエスカレーターが異なります。

JALのHPに詳しい地図の掲載があります。
 https://www.jal.co.jp/info/inter/170712_2.html

3階に上がったら右に進むと奥に「dnata」の大きなサインがあるのですぐわかると思います。


■フード・ドリンク類

受付で搭乗券を見せて中へ。左右両方どちらから入ってもOK。フードへのアクセスは左の方がよさそうです。中は広々とした落ち着いた雰囲気。
Img_2996_2016x1512


さっそくフードコーナーへ。発見したのはチキンカレー。時刻は18:00前。これ、17:00まで限定提供のカレーと同じでしょうか?後日訪れたメルボルン空港のMarhabaラウンジにも同じチキンカレーがあったので、多分限定提供のカレーと思われます。
Img_2977_2016x1512


お隣りにはうどん。明らかにJL36便に搭乗する日本人を意識したメニューです。
Img_2978_2016x1512


チキンカレーの隣にあったラム肉のスパイシーココナッツソース。タイカレー風です。
Img_2980_2016x1512


ズッキーニ他野菜の炒め物。
Img_2981_2016x1512


パスタ。
Img_2982_2016x1512


シンガポールらしく、チキンライス。その他ミニ春巻きなどの中華系も少しありました。
Img_2983_2016x1512


バーガー・サンドイッチ類。
Img_2995_2016x1512


飲み物を見てみましょう。アサヒ&サッポロビール。日本人にはうれしい品ぞろえかと。
Img_2987_2016x1512


赤・白ワイン。南オーストラリア州ハンターバレーの「McGuigan(マクギガン)」というワイナリーのシャルドネとシラーズ。
Img_2986_2016x1512


赤のシラーズをいただいたのですが…シラーズらしさがほとんど感じられない残念なテースト。逆に飲みやすい、といえばそうなのかもしれませんが。

自宅に戻ってからJames Hallidayで調べてみると、ワイナリーは4つ星ながら、提供されていたワインは評価リストにもない、デイリードリンクのワイン…評価点は推定で80点台かと。やっぱりねー、といった感じです。ワイン好きな方にはちょっと残念な一杯。
Img_2984_2016x1512


このあと、ブリティッシュ、カンタスの両ラウンジにも行く予定だったので、まずは日本人に人気が高いカレーとオニオンスープを少しだけいただきます。

チキンカレーは、ごく普通の日本のカレー。JAL特製カレーには到底かないません。でも、シンガポールを旅行して帰りに食べるには懐かしい味でいいかと。オニオンスープは私には味が濃すぎました。
Img_2988_2016x1512


シャワールーム

食事の後は、チャンギでは毎回ですが、深夜便に備えてシャワーを浴びます。同時にシャワールームチェック!

シャワールームは4部屋ほど。各部屋にバスタオルとバスマットが備え付けてあります。ハンドタオルはなし。シャンプー、ボディーソープは汎用でタンクからプッシュして取り出すタイプ。確かリンスがなかったかと。湯量は問題なし。さっぱりすることができました。
Img_2993_2016x1512

Img_2994_2016x1512


洗面所、トイレは別になっています。床や隅々にちょっとほこりやごみが目立ったような。
Img_2992_2016x1512


■dnata<SATS<カンタス

あくまでも個人評価ですが、フードはSATSの方がアジアンテーストにあふれていてよかったと思います。dnataでは(なぜか時間外でしたが)カレーが提供されているというのはアドバンテージですが、他のフードはあまり食指が動かず。

シャワールームはSATSとあまり差なし。カンタスラウンジの良さを知っているので、どっちもどっちという評価。

トータル評価は、以前のSATSの方がよかったかな。でもカンタスラウンジの方がさらにいいな、と思いました。

一休みした後、ブリティッシュのラウンジに向かいます。
Img_2997_2016x1512



↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して応援、お願いします。

|

« カンタス航空QF35便 メルボルン→シンガポール ビジネスクラス(ビジネススイート)搭乗記(2017.8.19) | トップページ | シンガポールチャンギ国際空港 「ブリティッシュエアウェイズラウンジ」 »

コメント

ぱぴるすさん
こんにちは~。
dnata Lounge の詳細レポ有難うございます。
あまり、ラウンジの充実度は期待していなかったのですが、やっぱり、そうでしたか~(笑)。

JL38便搭乗の場合、11pm以降のラウンジ利用は、
必然的にdnata になるので、ちょっと考えちゃいますね~。


お話変わりまして、NAPAの美味しいワイン銘柄を
教えて頂いたのにもかかわらず、結局、
飲み逃してしまいました。m(_ _)m

それでも、名前は憶えているので、
機会を見つけて飲んでみようと思います。

今回、ヴェガスでは暑くてフローズンマルガリータばかり、サンフランでは寒すぎてスパークリング1本だけという結果になってしまったのですが(笑)、

SFOのサクララウンジで頂いたソノマ産デイリーワイン

「2016 Les Caves Roties De Pente
Sauvignon Blanc Roasted Slope Vineyards」

がフレッシュでやや酸味がありながらも、
ちょっとだけ芳醇な余韻ありで美味しかったです(笑)。

メルでも美味しいワインが飲めるように頑張ります♪

出来たらぱぴるすさんお勧めの
Dan Murphy'sも覗いて来ようと思います。

またいろいろ教えて下さいね!

投稿: ginger | 2017/09/25 17:17

gingerさん、こんにちは。

事前にgingerさんから「ウワサ」を聞いていたので、「やっぱりなー」というのが私の感想でした。特にワインはがっかり…

カレーも、まあ普通のカレーでした。

38便だと確かにdnataラウンジしか使えないので悩みますね。そのときは割り切るしかないか、、、

話変わって、ご紹介いただいたサクララウンジでいただいた白ワイン、ワイナリーを検索してみました。ソノマの方にあるワイナリーでしょうか、HPを見ていると、ああ飲んでみたい!と思わせてくれるワインたちがたくさん掲載されていました。

事前にご紹介したワインは、麻布十番にある「日進ワールドデリカッセン」にも以前は置いてありました(今はわかりません)。

この日進ワールドデリカッセン、周囲に大使館が多いこともあり、各国のワインがピンからキリまでそろっています。ご存じないようでしたら、一度足を運んでみてください。

でも、Dan Murphyの品ぞろえには負けちゃいますけどね…。MELでも素敵なワインに巡り合えるといいですね。

投稿: ぱぴるす | 2017/09/25 21:36

ぱぴるすさん
こんばんは。
メルボルンのタクシー事情をお聞きしたのびうしです。

dnata Loungeですが、今月頭にシンガポールへ行った帰りに入れると思って楽しみにしていたのですが、チェックイン時に案内されたのはカンタスまたはブリティッシュエアウェイズのラウンジでした。手渡された案内図にはdnata Loungeも明記されていたのですが、利用便がJL36便だから...でしょうか?

ちょっと残念でしたが、ぱぴるすさんのブログが大変参考になりました。

ありがとうございます。

投稿: のびうし | 2017/09/25 22:35

ぱぴるすさん
こんにちは~。
日新ワールドの情報ありがとうございます。
週末、お勉強&お散歩がてら尋ねてみようと思います。

実は、Shafer のメルローは、最寄りのエノテカさんでも取り扱いがあるのですが、お値段1本約9千円(苦笑)。

そして、私など、たまにこのお店を利用する時は、
このようなイヴェントでばかりなもので、全然、
ワインの知識が身についていません(笑)。

https://blog.shinqs.jp/shop/enoteca/detail/4746/

SFOのサクララウンジでつい最近まで提供されていたワインは、同じ生産者のZinfandelで、ちょっと甘ったるい感じだったのですが、それに比べて、今回のSauvignon Blancはとてもフレッシュで美味しかったです。

でも、やはり、ワインは生産地で飲むのが一番美味しいのでしょうね!

あと、時間があったらここのお店も訪れてみようと思うのですが、ぱぴるすさんは利用された事ありますか?

http://www.citywineshop.net.au/

今回は、ぱぴるすさんのお陰でワイン三昧の旅になりそうです♪

投稿: ginger | 2017/09/26 10:56

のびうしさん、コメントありがとうございます。

のびうしさんはJMBサファイヤ以上のステータスホルダーでいらっしゃいますか?
もしステータスをお持ちなら、それを見てカンタス、ブリティッシュのラウンジをお勧めされたとか。

でもそれってdnataよりカンタス、ブリティッシュの方がいいですよ、って言ってるのと同じですよね?

そのままdnataに行かれても問題なかったと思います。まあ個人的にはカンタスの方がいいとは思いましたケド。

記事が参考になってよかったです。

投稿: ぱぴるす | 2017/09/26 19:17

gingerさん

Shaferメルロー9,000円、円安だからでしょうか。
かつては5,000~6,000円で飲めたのですが。

日進ワールドデリカッセンにあるかどうかは分かりません。でも、仮になかったとしても、いいカリフォルニアワインがあると思うので、ぜひお試しください。

ジンファンデル、イタリアではプリミティーヴォと言われています。甘ーい感じの赤ワイン、シラーズとは正反対ですが、好んで飲んでいました。
中でも、「プリミティーボ・ディ・マンドゥーリア・セッサンターニ」という、イタリアプーリア州のプリミティーボは、非常に濃いワインで、これが好きでまとめ買いしてました。今でもネットで取り寄せられると思います。

10年ほど前、アメリカから帰国した時はカリフォルニアワインを見つけるのに苦労して、だったら同じ地中海性気候のイタリアワインなら、と思ってドップリハマりました。イタリアワイン、複雑ですがパスタ、ピザにも合って、なかなかですよ。

さて、ご紹介いただいたショップですが、残念ながら行ったことはありません。
まあどこのボトルショップを覗いても、割と似た品ぞろえ、特別なものが欲しいときはワイナリーもしくは地域のハブショップで買っています。
シティの中にはかなりのボトルショップがあるので、何軒か回ってお好きなものを選ばれるといいと思います。

日本に直送してくれる店が見つかるとなおいいのですが、私はあちこちからかき集めて日通のワイン便で送っています。

メルのワイン三昧、ご紹介がてらにぜひ参加したかったです。次回いらっしゃるときはワイナリーツアーでもいかがですか?

投稿: ぱぴるす | 2017/09/26 19:37

ぱぴるすさん
こんばんは。

コメントいただき、ありがとうございます。
私はJGCプレミアですが、なるほど、保有ステータスによって、そのような案内もありえるワケですね。

で、私はカンタスのラウンジを利用したのですが、ミールサービスの内容も良く、とてもゆったりとしていてリラックスできました。ぱぴるすさんのおっしゃる通りで、カンタスラウンジはグッドでした。

ちなみにJL36便はSKY SUITE Ⅲでしたが、ちょっと窮屈?でした。私はSKY SUITEの方がイイです(^o^)

ありがとうございました。

投稿: のびうし | 2017/09/26 22:44

のびうしさん、

やはりステータスホルダーでいらっしゃいましたか。カンタス、ブリティッシュのラウンジが紹介されたのそのせいでしょう。

36便のSKY SUITEの搭乗機はこのあとアップしますので、ぜひご覧ください。私もSKY SUITEのほうがいいな、って思います。

投稿: ぱぴるす | 2017/09/27 12:50

ぱぴるすさん

初めまして.
私は来週月曜から香港とシンガポールに出張し,木曜夜にチャンギから羽田に戻るのですが,その前にラウンジでシャワーを浴びたくて,どなたか体験談を上げてないかと思っていてこちらのページにたどり着きました.

状況がよく分かったのですが,ひとつ質問させてください.
このシャワーを使うのに予約は必要でしょうか.
よろしくお願いいたします.

投稿: なぎぃ | 2017/11/03 19:40

なぎぃさん、こんにちは。

シャワーは予約不要です。空きのシャワールームを探していたら、たまたま辺りにいた係りの人が声をかけてくれ、空いているルームに案内してくれましたが、基本的に空いていれば自由に使えます。

ただ、前の人が使ったままになっていることも考えられるので、使う前にシャワールームの中をよく確認されるのがいいと思います。

もし、お使いになって何か違うことがあったら、また教えてください。

良い旅を。

投稿: ぱぴるす | 2017/11/04 07:07

ぱぴるすさん

早速のご返信どうもありがとうございます.予約不要なのですね.
最初にお伺いしておけば良かったのですが,料金もかからないということでしょうか.

よろしくお願いいたします.

投稿: なぎぃ | 2017/11/04 15:16

なぎぃさん

もちろん無料ですよ。ご心配なく。

最初のコメントにお名前入れて、その後の訂正コメントは削除させていただきます。

投稿: ぱぴるす | 2017/11/04 19:06

ぱぴるすさん

どうもありがとうございます.無料で予約も不要なんていいですね♪
今回は名前を忘れずに入れました.お手間かけてしまい恐縮です.

投稿: なぎぃ | 2017/11/05 08:33

ぱぴるすさん

先週木曜の夜にdnataラウンジのシャワールームを使いました.
事前情報があったのでスムーズにできました.お湯もしっかり温かかったです.ボディソープとシャンプーはどちらがどちらだかわからなかったのですが,もしかしたら同じのを両方に充填していたのかもしれません.
それでも十分さっぱりできました.
ありがとうございました.

投稿: なぎぃ | 2017/11/11 12:05

なぎぃさん

無事、ラウンジが使えてシャワーも浴びることができてよかったです。
やはり深夜便の前のシャワーはさっぱりできていいですよね。特に暑いシンガポールならなおさら。

今回はお役に立ててよかったです。

投稿: ぱぴるす | 2017/11/12 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンタス航空QF35便 メルボルン→シンガポール ビジネスクラス(ビジネススイート)搭乗記(2017.8.19) | トップページ | シンガポールチャンギ国際空港 「ブリティッシュエアウェイズラウンジ」 »