« Favorite Linksのご紹介 | トップページ | 日経記事より「国内線見送り、搭乗口まで 年内にも規制緩和」 »

2017/07/21

日経記事より「カンタス、ノリタケと食器 11%軽く、燃料費削減」

本日付の日経朝刊に、タイトルの題名で次のような記事が掲載されていました。

「オーストラリア航空大手カンタス・グループは20日、機内食の食器を刷新し、ノリタケカンパニーリミテドと共同開発した16種類の陶器を導入すると発表した。従来より11%軽量で、燃料費の軽減につながるという。12月中旬にメルボルン-ロサンゼルス線で就航する米ボーイングの最新中大型機「787」から取り入れ、徐々に他の旅客機へも利用を広げる。ファーストやビジネス、プレミアムエコノミーでの機内食のほか、空港ラウンジでも使用する。」(7/21付日経朝刊より引用)

カンタス航空オフィシャルサイトのメディアリリースによれば、メルボルン~ロサンゼルス間に就航するB787から取り入れるとの事。B787は曲線を生かしたデザインのため、食器類もそれにあわせたとのことです。

これにより、11%の軽量化を達成、535,000kg/年の燃料節約になるそうです。

ノリタケからは1962年から機内の食器の提供を受けており、2007年からはファースト・ビジネスクラスでMarc Newson氏デザインによる現在の食器が使われているとの事。

確かに、食器の軽量化は燃費の削減につながります。ファースト・ビジネス・プレエコでそれぞれ食器を使えばかなりの重量になるでしょうから。この記事を読んだときは、食器を軽くすることにも、航空会社にとって大きな意味があるんだなーと、ちょっと感心しました。

現在使われている食器はどんな感じかというと…

先日カンタスビジネスクラスに搭乗した際に使われていた食器。
Img_2529


そしてファーストラウンジで使われていた食器がこちら。
Img_1920_1024x768


多分両者同じものだと思います。白を基調とした食器はとてもいいのですが、コーヒーカップだけはNG。カップの先が底に比べて少しすぼんだデザインとなっているため、口をあてずらく、かつ飲むと縁にいつも中の飲み物が残ってしまうのです。

使いにくいなー、といったところなのですが、これが刷新されて使いやすいものになるなら歓迎です。

ラウンジの食器が入れ替わるまで多少の時間がかかるとは思いますが、来年はぜひ新しい食器で(かつ使いやすい食器で)コーヒーを飲んでみたいものです。

入替となる従来の食器はどうなるのでしょうか、、、ちょっと気になりました。コーヒーカップが使いにくいので、一般に販売されたとしても買わないとは思いますが…


|

« Favorite Linksのご紹介 | トップページ | 日経記事より「国内線見送り、搭乗口まで 年内にも規制緩和」 »

コメント

>透気を導入すると発表した。従来より11%軽量で、燃料費の軽減につながるという
透き通るほど軽いんですね。

冗談はともかくとして
日本の陶器のメーカーが使われてるのは、嬉しいですね。
あれ?JALはどこだったんでしょう?
あまり気にしなかったので
そう言えば
JALのファーストクラス席のコーヒーカップ
お土産に下さい。と言ったら
CAさんが
もうメーカーが無いので駄目と言ってた様な気がします。

投稿: こたつ猫 | 2017/07/21 20:36

>入替となる従来の食器はどうなるのでしょうか、、、
ポルシェとコラボした3カ月間限定品
アメニティポーチとかウェア(着替え)
残りが有るはず
どうなったのだろうか?

投稿: こたつ猫 | 2017/07/21 20:47

はぴるす様こんにちは
余談ついでに
JALのファーストクラス席って振動が少ないですね。
窓ガラスに触って見ると明らかに振動が少ない。
そのおかげで食事を楽しんだり
爆睡が出来るのですね。

投稿: こたつ猫 | 2017/07/21 21:02

燃料費削減とは別の話ですが…

ビジネスクラス以上に乗ると、食器の美しさ、使いやすさなどにも目が行きますね。

我が家ではAYでヨーロッパに行った時の、マリメッコにゾッコン。
機内で使っていたのと同じスープカップとコーヒーカップをペアで買ってきて、家で日常使いしています。(イッタラのグラスが綺麗だったのですが、予算オーバーで泣く泣く諦めました)

AYでは行きの便で予約しておくと、帰りに席に着くとCAさんが持ってきてくれました。支払いは帰りの便で品物と引き換えでしたよ。勿論支払いはJALのマイルが貯まるように抜け目なく…w

787は、燃費もいい飛行機ですから、食器も合わせて燃料費削減というのはいいアイデアですね。
美しく使いやすければ,最高ですね。

投稿: メロクリ | 2017/07/21 21:45

こたつ猫さん

あ~誤変換、またやっちゃいました。申し訳ありません。ほんと、最近誤変換が多くて情けないです。

JALの食器もノリタケですよ。
http://horsebit.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/jalsky-suitess9.html

ファーストクラスで使われているマグカップは、信濃工業という会社が作っていたユニバーサルデザインのマグカップなのですが、会社自体がこのデザインのマグカップの生産をやめたことで数が少ないんだと思います。

ポルシェとコラボしたアメニティ&リラクシングウエアもすべてなくなったのでは?
ファーストクラスで行きはポルシェデザイン、帰りは従来品という方がいらっしゃいましたので。

飛行機の羽根についているエンジンが後方に排気している都合上、機体後部=エコノミークラスは振動、騒音が大きくなります。ということは、ファーストクラスがある機体最前方ほど静かで揺れも少ないということになります。
なお、揺れに関しては中央席の方が揺れが少ないということも聞いたことがあります。

確かに、大型機のファーストクラスは、大型機ゆえ機体の揺れも少なく、かつ静かな機体前方にセットされる分、快適なのだと思います。

投稿: ぱぴるす | 2017/07/22 04:28

メロクリさん

フィンエアーの食器、HPにも紹介がありました。北欧らしいデザインですね。
これが機内で買えるというのがまた素晴らしいです。
しかも行きにオーダー帰りにJALカードで支払い…完璧ですね。

私はもっぱら日本とオーストラリアの往復なのですが、JALの洋食、カンタスとも白を基調とした食器なので、あまり変わり映えがしません。
たまには他の航空会社、たとえばシンガポール航空なんかも使ってみたいとは思うのですが、JALのベネフィットが大きいので、どうしてもJALを使っちゃいます。
エメラルドステータスを達成したら、試してみるか、とも思うのですが、すでに年末に近づいていて、そんな機会もなかったり…

食器のデザインは、おいしい食事のサポートをしてくれる役目があると思います。その国ならではの食事をいただくときは、それを際立たせてくれる素敵な食器とともに楽しみたいですね。

投稿: ぱぴるす | 2017/07/22 04:52

はぴるす様こんにちは
>JALの食器もノリタケですよ。
>お皿の裏には鶴丸。お皿はノリタケ製なんですね。
うんうん、なるほど

>ファーストクラスで行きはポルシェデザイン、帰りは従来品という方がいらっしゃいましたので。
え~それは可哀想・・・
私は、往復で2着もらえてラッキーかも?(^0^)

JALのファーストクラス席で爆睡してました。
(^0^)

投稿: こたつ猫 | 2017/07/22 14:10

はぴるす様こんにちは
ファーストクラスで使われているマグカップ
お土産に欲しかったなあ

投稿: こたつ猫 | 2017/07/22 14:12

こたつ猫さん

ファーストクラスで使われているマグカップ、もはや今では貴重品ですね。

投稿: ぱぴるす | 2017/07/23 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Favorite Linksのご紹介 | トップページ | 日経記事より「国内線見送り、搭乗口まで 年内にも規制緩和」 »