« 北海道エアシステム搭乗記(HAC567 札幌丘珠→釧路 2016.4.15) | トップページ | JAL国内線ファーストクラス搭乗記(JL508 新千歳→羽田 2016.4.18) »

2016/05/17

新千歳空港 エアポートヒストリーミュージアム

2016年4月18日 新千歳空港にて、新千歳~羽田のフライト待ちの際に、ターミナルビル3Fにあるエアポートヒストリーミュージアムを見学しました(入場無料、所要時間15~20分)。

JAL、ANA、Air Doの協力のもと、2013年にお目見えしたミュージアム。まずは、新千歳空港の歴史を学びます。
Img_0506_1024x768_2

航空会社歴代の航空機の模型。JAL、ANAだけでなく、JAS(日本エアシステム)が使用していた機材の模型もありました。
その中でひときわ目立ったのがJALのジャンボ機、B747の模型。
Img_0504_1024x768_2


JALの歴代CAの制服も展示してありました。ドラマで有名になったあの懐かしい制服も。
Img_0505_1024x768_2


JALのフライトバッグ。かつては国際線ファーストクラス搭乗者のお土産として配られていたそうです。復刻版などもあるようですが、現在でもコレクターの人気アイテムだとか。
Img_0508_1024x768_2


JAL機内で子供たちに配られていたトランプや、アクセサリー類、機内食の食器などの数々。今やどれも貴重品なのではないでしょうか。
Img_0507_1024x768


ANAのグッズも置いてありましたが、数はJALが圧倒的に多かったです。かつて、JALが全盛期だった頃の、ANAとの規模の差なのかもしれません。
Img_0509_1024x768


このようなミュージアムに立ち寄って、今のようにひっきりなしに飛行機が飛んで、人々が行き交う時代は、先人たちのたくさんの努力と、技術革新になしえたものなのだと改めて思いました。

<関連HP>
  新千歳空港エアポートヒストリーミュージアム

|

« 北海道エアシステム搭乗記(HAC567 札幌丘珠→釧路 2016.4.15) | トップページ | JAL国内線ファーストクラス搭乗記(JL508 新千歳→羽田 2016.4.18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道エアシステム搭乗記(HAC567 札幌丘珠→釧路 2016.4.15) | トップページ | JAL国内線ファーストクラス搭乗記(JL508 新千歳→羽田 2016.4.18) »