« JALプレミアムエコノミー搭乗記(成田→シドニー 2014.7.19) | トップページ | JALビジネスクラス搭乗記(シドニー→成田・機内食洋食編 2014.8.21) »

2014/08/05

成田空港出入国審査自動化ゲート

ここのところ、すっかり飛行機の搭乗記主体のブログになりつつありますが…汗

先般、サンフランシスコに向けて出国した際、自動化ゲートの登録をしました。
手続きは簡単。出国、もしくは入国の際に、自動化ゲートのそばにいる係員に登録したい旨を申し出ると必要事項を記載する紙が渡されます。
それを記載し、パスポートともに係員に提出、指紋登録を行って終了です。
その間約5分。有効期間はパスポートの有効期日の前日までです。

ただ、登録に際し難点が…登録可能な時間は、空港によって異なるようですが、成田空港は朝8時から夕方5時まで。この間に出入国ゲートに行かないと登録できません。

オーストラリア、シドニーとの往復の場合、JALとカンタスがありますが、出国はJALもカンタスも出発が20時前後、入国はカンタスが朝6時着、JALが夕方5時過ぎ着と、いずれも係員がいない時間になります。
登録するためには夕方4時半過ぎに出国して3時間ほどラウンジで出発を待つしか手がない…。とても不便です。

が、一度登録してしまうと威力発揮。特にJAL772便がシドニーから到着となる夕方は、欧米路線の到着が集中する時間のため、いつも入国審査場は列ができています。
日本国民だからパスポート出して、ハンコもらうだけなのでさして時間はかからないのですが、それでも並ぶときは並ぶ…

一方自動化ゲートはいつもガラガラ。ストレスなく通過できます。
なお、出入国のハンコがほしい場合は、係官かゲート脇の事務所に行くとハンコをもらえます。

指紋を登録することに抵抗がない方で、海外との行き来が頻繁な方はぜひお勧めです。
これでビジネスクラスとか、マイレージ上級会員だと、荷物が出てくるより早くバゲージクレームに着いちゃうこと間違いなしです。

詳しくはこちら

|

« JALプレミアムエコノミー搭乗記(成田→シドニー 2014.7.19) | トップページ | JALビジネスクラス搭乗記(シドニー→成田・機内食洋食編 2014.8.21) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。